Top » よくある質問(faq) » 母親参加の必要性 
母親の参加の必要性-Why Test the Biological Mother?
  よくある質問
FAQ
  ABO血液型
ABO Blood Type
  DNA鑑定簡易説明
Understanding DNA
Paternity Test Results
  DNA血縁鑑定の結果説明
Understanding DNA
Relationship Test Results
  母親の参加の必要性
Why Test the Biological Mother?
  出生前適応期間表
Available Term for Prenatal Test
  DNA検査染色体位置
Loci in Chromosome
  インフォームドコンセントに関して
Informed Consent
  お問い合わせ
Contact
  申込から手続きまで
How to Procedure

より強い結果のために

どのDNA親子(父子)鑑定においても生物学的母親が参加した場合には検査結果は強化されます。母親の参加が可能な場合、母親は関係者としてDNAサンプルを提出する事が望まれます。母親のDNAを分析すると、最終的な結果の可能性は どのDNA鑑定(父性、きょうだい、祖父母と孫、おじおば)においても強化します。

母親が参加した場合に、より強い結果が生まれる理由

DNA父子鑑定は父親と思われる人物と子どもとの一致を最大15ヵ所分析します。すべてのマーカーが一致(または変異)を反映しなければなりません、さもなければ、父親と思われる人物は実の父親ではありません。 各一致は一致の強さを示す父性指数価値を受けます。一致がユニークであればユニークであるほど、指数はより高いです。 父性の確率は、父性指数値のすべてを使用することで計算されます。

父親と思われる人物と子どもだけを調べるほとんどのDNA父子鑑定が、父性の決定的な確率を示しています: 父親と思われる人物であるときに通常99.99%、その人が父親でないときに0%として表現されます。まれな場合に父親と思われる人物と子どもとの一致で不確定な結果を提供します。そういった場合には、ローカスは母親のDNAサンプルを要求します。母親のサンプルの提供ができない場合に、検査結果は不確定なまま存在することになります。母親の参加でDNA父子鑑定では、強い決定的な結果を提供します。すでに結果が決定的であるときでさえ、母親が参加していると、DNA鑑定は常に強化されます。

ケーススタディ

例えば、以下のケースを考えてください:
 

<表1>

遺伝子座 生物学母親
(テストされません)
父親と思われる者 子ども 親子指数
D2S1338 -- 12, 13 10, 12 1.845
D2S1358 -- 8, 11 11, 14 2.714
D8S1179 -- 21.2, 32 19, 21.2 2.675
D19S433 -- 15, 18 12, 15 7.338

この場合(表1)、父性確率は98.2896%(すべての親子指数の合計値)です。 結果は(99%以上か0%でなければならないため)不確定です、しかし父親と思われる者と子どもはすべての位置で合っています。今度は、実母のサンプルをDNA父子鑑定に追加させます:

<表2>

遺伝子座 生物学母親
(母A)
父親と思われる者 子ども 親子指数
D2S1338 8, 10 12, 13 10, 12 3.489
D2S1358 14, 17 8, 11 11, 14 5.114
D8S1179 15, 19 21.2, 32 19, 21.2 3.619
D19S433 8, 12 15, 18 12, 15 15.309
 

父性確率は99.9541%まで増加します。なぜでしょうか?最初の例 で各位置の子どもの2つのマーカーの1つが父親と思われる者と一致しています。しかしながら子どものマーカーのどちらが母親由来か、父親 由来かがわかりません。子どもの母親を鑑定することによって、子どものマーカーのどちらが父親由来に違いないかを 判断することが出来ます。表2では、父性指数増加されています。

またその子どもが父親と思われる人物と一致しているという事がわかるだけではなく、その一致が子どもの本当の実の父親から受け継がれたものに違いないマーカーでもあることもわかります。なぜならばどのマーカーが子どもの母親から受け継がれたものであるかを見ることができるからです。実際に、実の母親がDNA鑑定に参加したので、各遺伝子座で高い指数となっています。

<表3>

遺伝子座 生物学母親
(母B)
父親と思われる者 子ども 親子指数
D2S1338 8, 12 12, 13 10, 12 0.000
D2S1358 14, 17 8, 11 11, 14 5.389
D8S1179 21, 21.2 21.2, 32 19, 21.2 0.000
D19S433 12, 15 15, 18 12, 15 0.786

この表3では、父性確率は0%なります。父親と思われる人物は子どもの実の父親ではありません。実母はすべての遺伝子座において子どもと一致しなければなりません。私たちは、この父親と思われる人物が実際には子どもの本当の実の父親から受け継がれたに違いない子どものマーカーと一致していないことを見ることができます。所々で父親と思われる人物が子どものマーカーと一致していたかに見えたところにマーカーが実母から受け継がれていた事が明確になっています。

父親と思われる人物と子どもとの間に依然いくつかの一致があることに注意してください。
この父親と思われる人物が本当に実の父親であれば、彼はすべての遺伝子座で一致しなければなりません(ほとんどのどんな関係の2名においても、少なくともいくつかの一致はありますが、父親と子どもの関係は必ずすべての遺伝子座で一致を示します)。2-3の不一致でも、子どもの実の父親から父親と思われる人物を除外するには十分である場合があります。この場合、実の母親の参加するDNA鑑定が、決定的でない結果を明確な「否定」、つまりこの父親と思われる人物は子供の実の父親ではないという事実に変えます。
 


Copyright © rocus, Inc 2004-2017. All rights reserved.