Top » よくある質問(faq) » DNA血縁鑑定の結果説明
DNA血縁鑑定の結果説明Understanding DNA Relationship Test Results
  よくある質問
FAQ
  ABO血液型
ABO Blood Type
  DNA鑑定簡易説明
Understanding DNA
Paternity Test Results
  DNA血縁鑑定の結果説明
Understanding DNA
Relationship Test Results
  母親の参加の必要性
Why Test the Biological Mother?
  出生前適応期間表
Available Term for Prenatal Test
  DNA検査染色体位置
Loci in Chromosome
  インフォームドコンセントに関して
Informed Consent
  お問い合わせ
Contact
  申込から手続きまで
How to Procedure

関連性の確証

近親者(祖父母、きょうだい)との密接な関係を調べるDNA血縁鑑定では、親子鑑定とは異なる結果を導き出します。DNA親子鑑定は密接な関連性を求める分析でDNA個人識別情報の中で一致を求めますが、DNA血縁鑑定ではこの重要な違いだけですべての遺伝子座で必ず一致を見せるというわけではありません。

結果声明

結果では3種類の説明の内1つがなされます。 例えば、おじと思われる人物A甥Bを検査した場合に、検査結果では以下の内のどれか1つが報告されます:

DNAデータでは生物学的関係を 支持します
これは、ABのおじである傾向がある
か、AのきょうだいがBの父親である傾向があることを意味します。結果では親子鑑定ができないとき最終的に生物学的関係を支持します。

DNAデータでは生物学的関係は不確定であり、生物学的関係を支持・不支持のどちらでもありません。
これは、DNA情報が結果に関する生物学的関係の結論について十分な情報を導き出せないことをを意味します。

DNAデータは生物学的関係を 支持しません
これは、AおそらくBのおじでないか、AのきょうだいがおそらくBの父親でないことを意味します。

DNA血縁鑑定はDNA親子鑑定より不確定な結果を導き出す傾向があります。その理由を理解するために、ヒトのDNAマーカーがどのように引き継いでいるかを理解する必要があります。
子どもは実の父親と母親からそれぞれDNA マーカーの半分を受け継ぎます。またきょうだいも父母からそれぞれ遺伝子の半分を受け取ります。しかし、きょうだいが検査されたすべてのマーカーで実の父親または母親から同じ半分のDNAマーカーを受け継ぐことはありえないことです。 (一卵性双生児だけが同じDNAプロフィールを共有します。)

きょうだい、または他の密接に関係づけられた関係者が、すべての位置で合っていないなら、私たちは、2(さらに)人が密接に関係づけられるか、ちょうど手当たりしだいに合って、または本当に関係ないかをどうしたら言うことができますか?

近親関係DNA分析

きょうだい(または他の近親な関係)のDNA鑑定は、いくつかの一致を見ると予想して、明確に比較的まれな一致を探します。親子鑑定の結果と同じように、各遺伝子座での一致の強さを示す指数値が割り当てられます。例えば、2人の関係者が、D2S1338マーカーにおいて関連性指数(RI)1.845を示す「12」の対立遺伝子座値を示した場合には、これはかなり強い一致となります。

 

遺伝子座 きょうだい1 きょうだい2 関連性指数
D2S1338 12, 13 10, 12 1.845
 

しかしながら、DNA鑑定の分析者が、多くの人がこの遺伝子座に「12」の対立遺伝子座値を持つのを知っている場合には、0.782のようなわずかな指数となります。それが彼らが密接な関係者のため一致しているのが、事実かもしれないし、単にほとんどの人々がこの遺伝子座でこの対立遺伝子値を持ち合わせていたので、彼らが一致したということかもしれません。

 

遺伝子座 きょうだい1 きょうだい2 関連性指数
D2S1338 12, 13 10, 12 .0782
 

他方では、DNA科学者が、非常にわずかな人々しかこの遺伝子座に「12」の対立遺伝子値を持っていないのを知っていた場合にはどうなるでしょうか? それが、よりまれであるので、一致はより強くなります。この場合、関連性指数値は増加します。一致の強さの度合いによって、3.452または12.819または34.125というような高いものになるかもしれません。指数値は0.000は、この位置で2つの情報の間には一致が全くないのを示します。

関連性指数

親子鑑定のように、指数すべてが総合関連性指数(CRI)を導き出すために一緒に乗算されます。以下のグラフは可能性として考えられる範囲を例証します。

 

CRI: 1未満 1〜100 100以上
 

通常、親子鑑定では2つの結論になります:否定(0のCPI)、または肯定(100以上のCPI)。DNA親子鑑定ではめったに不確定な結果(CPI1〜100)を出しません、特に実母がされた時(理由を調べてください)。

 

  否定 不確定(非常に希な) 肯定
CPI: 0 1〜100 100以上
 

DNA血縁鑑定では異なる結論を示します(支持する:不確定:支持しない)。 しかしながら、特定のDNA関連性鑑定の決定的な範囲は、検査を行った特定の個人に依存し、変化します。例えば、74のCRIは特定の関係研究において強力な支持を提供するかもしれません(親子鑑定では、CPIは、関係を支持するためには100以上でなければなりません)。特定のCRIがきょうだいや祖父母と孫などの関係を支持するかどうかは、分析データ、人口参照(白人、黒人、ヒスパニック系など)、および問題の関係によります。

 

  支持しない。 不確定 支持する。
CRI: 非常に低いです。 媒体において、低いです。 高値
 

もし2人またはそれ以上の個人が密接に関係づけられた場合に、DNA分析者は比較的高いCRIを求めます。高いCRIは生物学的関係に関する有力な証拠であると考えられています。当然のことながら、問題の子ども(きょうだい、甥姪、孫)の実母が参加した場合にDNA鑑定の結果は強化されます。

結論

2人の個人がより高いCRIを導き出し、それでも(大変まれであるけれども)関係がないという結果が出る可能性があります。また2人の個人が低いCRIを導き出しながらも、実際には(大変まれであるけれども)関係づけられる結果が出る可能性もあります。このような理由により、DNA親子鑑定の結果は他の近親関係の関連性DNA鑑定より重要性において常に勝ります。

ローカスでは、DNA親子鑑定がご依頼者の事情により、不可能な場合を理解しています。近親関係を目的としたDNA血縁鑑定の結果は、法的な目的や移民などの目的に使用され、解決に向けた補助を行っています。


Copyright © rocus, Inc 2004-2017. All rights reserved.