Top » よくある質問(faq)
よくある質問-FAQ
  よくある質問
FAQ
  ABO血液型
ABO Blood Type
  DNA鑑定簡易説明
Understanding DNA
Paternity Test Results
  DNA血縁鑑定の結果説明
Understanding DNA
Relationship Test Results
  母親の参加の必要性
Why Test the Biological Mother?
  出生前適応期間表
Available Term for Prenatal Test
  DNA検査染色体位置
Loci in Chromosome
  インフォームドコンセントに関して
Informed Consent
  お問い合わせ
Contact
  申込から手続きまで
How to Procedure

DNA鑑定とは何ですか?

DNA(デオキシリボ核酸)はあなたの身体の細胞の中にある遺伝物質です。
あらゆる核を持つ細胞には、染色体があり、22対44本となっている常染色体と性別を区別する性染色体(男性はXY、女性はXX)と呼ばれる2箇所を含め46本があります。
現時点での科学の解釈では、人を作り上げるには46本の染色体が必要になると言うことになります。
つまり、人は実の父親、母親からそれぞれ23本づつ半分の遺伝物質を受け継ぐことになります。
DNA鑑定は血液型検査よりはるかに多くの箇所から調べることが可能です。
血球、ほおの粘膜、身体組織のサンプル、精液を含むあらゆるタンパク質を含む箇所から検査が可能です。ABOなどの血液型やRh型が一般的にはDNA鑑定より知られていますが、個々個人のより詳しく調べ、識別するには高い能力はありません。一卵性双生児を除いて、すべての人のDNAは独特です。それは指紋のようにとても明確な特徴も持っているため、DNA鑑定は有益な方式の鑑定として考えられています。

母親なしで実父確定検査を実行できますか?

はい。
DNA鑑定が非常に高い識別判断能力があるので、母親が参加できない場合でも、鑑定することができます。料金は母親の参加が「ある」「なし」にかかわらず同じです。
母親が鑑定に参加しない場合で子供と父親と思われる人物との間の関係が一致しないなら、その人物は実の父親である確率は0%です。一致した場合には、99.9%以上の確率で親子であることを計算できます。 検査は母親の参加がある場合に比べて検査時間より延長される場合があります。
裁判用の場合には未成年の子供を鑑定に参加させる法的権限があることを証明する必要があります。そして同意書の記入にはすべてその法定代理人による記入、署名、押印が必要となります。

医師の指示や裁判所、弁護士の認可が必要ですか?

いいえ。
私たちは、裁判所・弁護士・医師の依頼があり協力をしていますが、親子鑑定の行うのに許認可は特に必要ありません。

あなたは親子鑑定の結果について教えてもらえますか?

Paternity Test Chart子供(C)は実母(M)が持つ1つのバンドと父親と思われる人物#1(AF1)の1つのバンドを共有しています。
バンドは全く子供と父親と思われる人物#2(AF2)の間で共有していないので、その男性は否定されます。
 

DNA親子鑑定結果はどれくらい正確ですか?

DNA親子鑑定は、非常に正確で親子の関係を証明する場合は確率を99%以上示し、否定をする場合には100%の否定(0%)を行います。
詳しい情報に関しては、DNA鑑定簡易説明を見てください。

DNA血縁鑑定結果はどれくらい正確ですか?

DNA血縁鑑定(きょうだい鑑定、おじおば鑑定、いとこ鑑定など)できょうだい鑑定と祖父母鑑定の場合には、90%以上 、15%以下で報告します。 おじおば鑑定といとこ鑑定には80%以上、20%以下で報告します。どちらの検査も実の親のどちらかが参加していることが条件です。この報告は絶対的な肯定、否定を表すものではありません。確実な結論には99%または0.1%以下の検査結果が必要です。DNAの血縁鑑定は血縁指数と呼ばれる計算でまず行われます。DNA鑑定を行いすべての遺伝子座の総合指数が0.1以下で血縁の関連性がなく、100以上の指数が得られることで血縁関係が高いことを証明します。親子鑑定以外の検査では共有の遺伝子を持つ可能性が高くなるため、その鑑定結果は両者に特性のあるDNAを持つかほぼすべての箇所においてDNAが一致しないとその血縁関係を高めることはできません。これは否定の場合でも同じです。両者のDNAが遺伝子座において特性をみせないと1-100の中に指数計算がなされ、「不確定」として検査結果が報告されます。



もし2名の父親と思える人物が近親だったらどうしたら良いでしょうか?

最も良い方法は、両人を検査することです。特に近親である場合でも1人は否定することができます。
もし1人だけしか参加できないのであれば拡張追加サービスを選択する必要があります。鑑定書には追加データと見込み比が計算されます。

鑑定をするとき、血液の方がだ液より正確ですか?


いいえ。
だ液(ほおの粘膜細胞)は、当社の採取キットを使用することで血液と同じ精度の結果を得ることできます。 鑑定に必要とするサンプルが血液からだ液(ほお粘膜)に収集の方法が現在では主流です。
DNAはあらゆる体細胞で同じでなので、だ液を採る綿棒で採取された細胞で検査を行った鑑定の精度は血液を使用するのと同じです。多くの機関で、だ液の採取に綿棒を使用して、子供の口の内部をこするようにしてサンプルを集めます。このサンプルからDNAを抽出できます。子どもにとって、この手順は、注射も使用せずまったく無痛です。DNAは、だ液も血液から採取されても同じです。DNA技術が一般的になる前に、父系を決定する唯一の方法は、ヒト白血球抗原を分析することでした。ヒト白血球抗原は赤血球と白血球上で表現されているだけです、そして血液を使用しなければなりませんでした。そのため出産後6カ月になるまで採血することができませんでした。2000年のアメリカ血液銀行協会のデータでDNAを使用した報告書によると66万2567個の総サンプルから(80%)が綿棒を使用した事を表しており、13万2851(20%)が血液試料であると表しています。
血液型での相関関係に関してはABO血液型親子計算式をご覧ください。(ABO血液型に基づく親子の可能性を決定するのにそのABO血液型親子計算式を使用することができます)。

検査結果はどれくらいでで きますか?

親子鑑定の場合、約7-9営業日以内に検査が終了します。結果連絡を電話・FAX・Eメールでご希望の場合はすぐに結果をお知らせします。鑑定書 を郵送ご希望の場合は、それから約1週間でお届けします。
きょうだい鑑定などの特殊な鑑定は4週間以上かかる場合があります。あらかじめご了承ください。急ぎの検査は、別途追加料金で承ります。最短で3日以内で結果をお知らせします。

もし父親と思える人がなくなっていた場合、親子鑑定をすることはできるのでしょうか?

はい。
DNAによる家系を再建するために他の親族の参加によって、まだ親子を確立することができます。
家族関係を再建するのにおば、おじ、いとこ、きょうだい、および祖父母は皆参加することができます。
より詳細な特定の情報のためにローカスに連絡してください。

何歳からDNA鑑定は受けることができますか?

年齢による制限は全くありません。通常の当社の提供する採取キットを使用することができます。
妊娠中の方は、出生前のDNA鑑定での注意点など手順/方法をお教えします。
出生前のDNA鑑定に関しては以下のページを参照してください:
出生前親子鑑定と出生前適応期間表
出生前適応期間表は、将来の子供、概念のありえそうな期日、妊娠テストが積極的である日付、CVS(絨毛細胞)の採取を実行することができる日、早期の羊水採取を実行することができる日、標準の羊水採取を実行することができる日を計算するのに使用されます。


Copyright © rocus, Inc 2004-2017. All rights reserved.