Top »  DNA親子鑑定 »  裁判用鑑定
-Legal Test
  DNA親子鑑定
DNA Parentage Test
  私的用鑑定
Personal Test
  裁判用鑑定
Legal Test
  出生前鑑定
Prenataprenatal2.html Test
  ローカスのDNA鑑定について
About Our DNA Test
   
   
   
   
   
   
   
ローカスの裁判用DNA親子鑑定はAABB(アメリカ血液銀行協会)の基準に基づき、主に裁判(公的機関)提出用のために使用されます。

当社研究所は、AABB Parentage Accreditation Programのメンバーであり、CAP Proficiency Testingにも参加しています。

ローカスで採取された裁判用DNA鑑定は、本人の身分確認・写真撮影、サンプルが第三者によって採取されることにより、第三者証明の確立したサンプルとして保証されます。結果は約7-9営業日(約2-3週間)以内にご連絡が可能です。鑑定書は法廷 及び公的機関に対応する形式で指定された方に送付されます。

 

裁判用DNA親子鑑定: 1人の子供、父(母)と思われる人物、母(父)を含んでいます。 7-9営業日(約2週間)で結果をお知らせします。

申込み

DNA親子鑑定検査は 子どもの認知、親子関係の不存在(300日問題)、または国籍問題の解決を実現させることなどの法的な目的で公的な機関への提出書類となるものです:

  • ローカスの法的な親子鑑定は国際的に認知された規格に応じます。日本においては、日本法医学会の「親子鑑定についての指針(1999年)」にも遵守しております。
  • DNA鑑定結果は約7-9営業日(約2週間)後にご報告します。
  • 裁判用の方法や、相談などがありましたら、お気軽にローカスの カスタマーサポートにお電話してください。フリーダイヤルでご相談いただけますのでご安心ください: (0120) 085783(オヤコノナヤミ)

 

 

ローカスの裁判用DNA親子鑑定は、ローカスが第三者の保証人になることで、裁判に置いて鑑定書の証明を致します。ご利用の際には、最寄りの裁判所、弁護士に一度ご相談することをおすすめします。鑑定の結果が、個人的な目的の方は、裁判用鑑定からいくつか省略した方法により行うことが可能です。私的親子鑑定のページをご参照してください。

ご依頼からご訪問まで

  1. フォームから依頼をするか、電話にて裁判用親子鑑定を依頼してください0120-085783(オヤコノナヤミ)。
  2. 参加者の集まる場所・日程をお知らせください。ご希望の日で当社のスタッフが訪問に参ります。来社による採取も可能です。裁判用には鑑定費用の他に出張費(15,000-20,000円)及び実費交通費が別途発生しますのであらかじめご了承ください。
  3. 日程や場所がそれぞれ異なる場合、それぞれの日で交通費が発生しますのでご了承ください。また日程が異なる場合には、検査がすべて揃うまでスタートできませんのでご注意ください。

※当社に来社して採取する場合はこちら。

採取に関して

  1. 父子鑑定の場合、採取は疑父・母・子で行われます。子どもの親権が求められているような場合は、現時点での親権者及び法定代理人が行います。
  2. 母親の参加は任意ですが、不参加の場合は明確な理由(死亡、行方不明等)が必要です。母親の参加は、鑑定精度が向上します。この場合に、料金は発生しません。
  3. 採取にあたって身分証明書の提示とコピーの提出、写真の撮影を行います。身分証明書は、公的機関の発行したもので、氏名と生年月日が記載されているものに限ります。コピーだけの提出は無効となります。必ず原本との照合をし、コピーに署名と親指で押印を頂きます。

採取の場合に、両親や参加者達は以下をご持参ください:

  • 公的機関発行の身分証名書(成人)※写真付きが望ましい。
  • 出生証明書、母子手帳、健康保険証のうちどれか1つ(子ども)

検査

サンプルの採取が終了しましたら、サンプルと申込書類一式は検査のために研究所へ送られます。検査は、通常約7-9営業日(約2週間)で終了し、結果は 貴重品扱い(書留)でお知らせします。

サービス名
検査料金(税込)
 
裁判用親子鑑定スタンダード 60,000円 申込み
  裁判用の目的の検査で、父親と思われる者 (母子鑑定では母親と思われる者)と子どもが含まれています。実の母(母子鑑定では実の父)は任意です。
データベースは日本人データで行われ、世界の公的機関で最も採用されている分析で18-20カ所の遺伝子箇所の解析が行われます。
 
 
裁判用親子鑑定プレミアム 70,000円 申込み
  裁判用の目的の検査で、父親と思われる者 (母子鑑定では母親と思われる者)と子どもが含まれています。実の母(母子鑑定では実の父)は任意です。
分析はプレミアムで世界の公的機関で最も採用されている分析で25-30カ所の遺伝子箇所の解析が行われます。
 
 
父(母)と思われる人物または子どもの追加 35,000円 申込み
  明らかにしたい人物を追加して鑑定を行いたい場合。
 
 
特殊サンプルの使用 お電話ください
  だ液のサンプル以外で、公的な証明の付いた特殊サンプルの場合は、検査を裁判用として作成可能です。
 
 

Copyright © rocus, Inc 2004-2017. All rights reserved.