Top »  DNA親子鑑定 »  ローカスのDNA鑑定について
-About Our DNA Test
  DNA親子鑑定
DNA Parentage Test
  私的用鑑定
Personal Test
  裁判用鑑定
Legal Test
  出生前鑑定
Prenatal Test
  ローカスのDNA鑑定について
About Our DNA Test
   
   
   
   
   
   
   
 
従来のDNA親子鑑定は、赤血球型、赤血球酵素型、血清タンパク型、HLA型の表現型が実施されてきました。1985年にDNAフィンガープリント法以来、親子鑑定や個人識別などで様々な用途に採用され実施されました。現在では、多くのDNA多型マーカーの普及でDNAの検査 は、だ液などでも十分な結果を導き出すことができるようになりました。当社で採用しているSTR方式の 場合、親子鑑定で肯定で99%以上(親子3人の参加の場合)、否定で100%の結果でご提供をしております。
ローカスのDNA鑑定は、親権の問題や相続問題などでの親子の関係で科学的に証明したい方に、最新のDNA技術を採用して最短の期間と適正な料金で提供することを目的としています。また親子鑑定が不可能な方には、特殊サンプル及び、他の血縁者による参加で行うきょうだい鑑定、祖父母と孫鑑定、おじおば鑑定また更に血縁を辿りたい方向けにY染色体鑑定、ミトコンドリア鑑定など学術的なサービスも提供しております。原則として法的な問題を解決したい方向けにローカスではサービスを提供しており、最終的に裁判を前提としないDNA鑑定は、DNA情報の乱用と個人情報の流出など多くの問題があるため、受付をしておりません。予めご了承ください。ローカスでは法的にDNA鑑定書を提出できる体制も整えており、万全な体制でご相談者の依頼に応対致しております。
※現在私的な目的の方へもDNA鑑定を受け付けておりますが、経済産業省の指導のもと、厳格な立会人制度を採用して受託しております。 検査には本人確認のために身分証明書のコピー等が原則すべての検査で必要になります。
人のDNA鑑定方式には、約20年の歴史があり、現在も新しい方式を模索して常に改善をしています。初期のDNA鑑定で主流となっていた方法としてRFLP(制限酵素切断断片長多型:Restriction Fragment Length Polymorphism)方式があります。RFLP方式は、フィンガープリント方式として有名で現在でも個人の特定する部位としてのVNTR領域での検査の為、高度の識別能力があると言われています。しかしRFLP方式には、サンプルとして試験管一本分の血液が必要であり、古い献体なのでも限界があり、一つのケースの分析の完了には、2〜3週間を要するため、小さな試料からでも大量の目的とする部位を増幅できるPCR方式に主流は変わっています。所要時間もコンピュータによるマルチプレックスPCR方式(一度に複数のシステムを分析する方法)などの採用で最短1日で検査を終えることも可能です。
PCRで増幅する部位としてVNTR(可変的塩基のくり返し数、ミニサテライト:Variabl Number of Tandem repeat)STR(塩基対短反復配列、マイクロサテライト:Short tandem Repeat)があります。VNTRは、数十塩基の同じ配列のくり返しで個人特定としての塩基パターンが長いので識別能力は高いのですが、長い分だけPCR時の増幅効果の低下が考えられます。STRは短い塩基のくり返しのため、識別能力を高めるために多くの遺伝子座を調べる必要があります。研究所では、FBIが採用しているCODIS(Combined DNA Index System)の部位13箇所+3箇所=計16箇所(16箇所目は性別を表す性染色体)の遺伝子座標のSTRを検査しています。

図1: それぞれの染色体位置に設立される電気泳動図(クロマトグラフ)にはそれぞれの遺伝子座(D13S317、D7S820、およびD16S539)で2個の対立遺伝子座を表すピークを示しています。

1980年代から90年代にかけて、親子関係の証明を科学的に証明できるのは血液型鑑定が主流でした。しかし排除率(父親を否定する確率)が低いため、他の血液抗原鑑定とともに実施されてきました。ABO式の排除率は低いものが多く、約0.15です。これは100人中15人しか、子どもの父親から排除できない、つまり85人は父親の可能性があるということになるのです。ABO式は同じような排除の可能性を持つ排除システムと共に利用され、6種類のシステムで鑑定しても、排除の可能性は、約0.73となる結果が出ています。つまり27人も父親の可能性があるのです。これに対して、STR(短塩基反復)システムは、人口レベルで非常に可変性に富んでいるため、最も高い排除率のSTRシステムでは、0.93もの排除率があります。これは、93%は父親の可能性を排除するものです。1システムでこの排除率のため、16の遺伝子座を調べることで、父、母、子の3人で検査を行う検査では、99%以上の排除をすることが可能になります。 表1:父性の排除力
遺伝子マーカー 父性排除力
従来の鑑定方式(血液)
HLA A, B 0.93
ABO 0.15
Rh 0.27
MNSs 0.31
Kell 0.04
Duffy 0.18
AcP 0.22
PGM1 0.15
GLO-1 0.18
DNA鑑定方式
D2S44 0.88
D17S79 0.79
D14S13 0.93

Copyright © rocus, Inc 2004-2017. All rights reserved.