ミトコンドリア分析検査の方法

ミトコンドリアDNA(mtDNA)鑑定:

血縁者を通して、先祖との関係をたどるためにmtDNAを使用するとき、我々は母(女性系)の家系を調べます。これはmtDNAが母親からすべての子供に受け継がれるからなのです。

2人の個人間で直接的な母系ラインがあれば、その人たちは同じmtDNA系列を共有します。これは代々、世代から世代へと続いています。(注意: 鑑定には計算された突然変異率を考慮をします。突然変異率はY染色体と比較して高いです)。

右の上図(mtDNA遺伝パターン)はmtDNAが母親からすべての子孫までどう受け継がれるかを(男性は、女性は)示しています。

下の右図はmtDNA配列の鑑定結果で表示されたデータです。実際に鑑定書には、このようなDNA配列分析形式でmtDNA鑑定結果を提供します。この系列はケンブリッジ参照配列と比較して鑑定した個人との系列変化比較を表します。ケンブリッジ参照配列とは各鑑定、各研究所などの独立した調査研究間において簡単な比較対象できるために基本的形式で提供されているものです。

基礎番号

ロカ ハナコ
M 2002

16301
T
16343
G
16356
C
16390
A
16519
C
73
G
150
T
263
G